[PR]

 大相撲初場所(来年1月12日初日、東京・国技館)の番付が24日に発表され、先場所で43度目の優勝を飾った白鵬(34)=宮城野部屋=が4場所ぶりに東の横綱に戻った。

 東京都墨田区で会見した白鵬は、目標に掲げる「優勝50回」について「東京五輪が終わったら目標を失うというのを感じていた。大台があれば、モチベーションを保って五輪後もやっていけるのかな、という思いで大きく出た」と笑顔で語った。

 会見では、立ち合いの張り手やかちあげが横綱審議委員会から問題視されたことにも質問が及んだ。「そんなのが(横審で)出たんですかね? 全く知らなかったですけど」と一転して厳しい表情を浮かべ、「自分は自分の相撲を取るだけなのでね、はい。禁じ手っていうかね、そういうものでもないわけですからね」と自身の見解を述べた。