[PR]

 東京都で開かれている第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ、朝日新聞社など主催)は2日目の24日、女子の2回戦などがあった。聖カタリナは郡山商業(福島)に82―58、済美は富士学苑(山梨)に92―49で快勝。ともに16強入りし、3回戦進出を決めた。(足立菜摘)

 聖カタリナが序盤から軽快なパス回しで相手を圧倒。第1クオーターで34得点し、一気に25点差をつけて突き放した。1回戦に続いてフリースローを全て決めるなど着実に加点し、相手に追い上げる隙を与えなかった。森美月選手は3点シュート4本を決め、32得点と活躍した。3回戦の相手は東京成徳大(東京)。

 済美は第1クオーターで先取点を許した直後、三原愛莉主将や松本みずき選手らが3本連続で3点シュートを決め、勢いに乗った。テンポ良く得点し、前半で26点をリード。後半も順調に点差を広げた。守りでも相手にプレッシャーをかけ、シュート成功数に2倍の差をつけた。3回戦で精華女子(福岡)と戦う。