[PR]

 政党合流を巡って、立憲民主党の福山哲郎幹事長と国民民主党の平野博文幹事長が24日、都内で会談した。断続的に交渉を続けているが課題が残っており、年内の党首間合意は難しい情勢になった。両党は来年1月20日で調整されている通常国会の召集までの合流をめざし、幹事長間の交渉を続ける構えだ。

 福山氏は24日の会見で「年内にことさら区切るつもりでやっているわけではない」と述べ、年内合意の難しさをにじませた。理由については「全体として大きな課題がいくつかあるが、今言うのは適切ではない」と述べるにとどめた。

 会見に先立ち、福山氏と平野氏は都内で約1時間会談した。合流に向け、政策や人事のほか、選挙区調整などについて協議したとみられる。国民幹部は「年内合流は絶対無理。年明けも幹事長会談は続け、通常国会までに間に合わせたい」と語った。

 立憲の枝野幸男代表は19日、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら