[PR]

 サッカー女子・なでしこリーグのINAC神戸が24日、新エンブレムとユニホームを発表した。来季はクラブ誕生から20年目を迎えることから、デザインを一新。ヒントになったのは、フランスの観光名所だ。

 発表会見に出席した安本卓史社長が、新しいエンブレムが描かれたボードを掲げた。神戸の象徴として親しまれる「神戸ポートタワー」をモチーフにクラブ名の頭文字の赤い「I(アイ)」と、リーグ戦、カップ戦、皇后杯のタイトルを獲得するという意味を込めて三つの星をあしらった。

 これまでのライオンが印象深かったエンブレムと比べ、シンプルになった。安本社長は「来年は20年目を迎えるということで、女子サッカー界を牽引(けんいん)していきたいという思いと、神戸のシンボリックな存在として新しい時代にチャレンジしたいという思いから一新した」と説明した。

 デザインのヒントになったのは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら