リレー「金」へ温存あり? 陸連案にサニブラウン反発

有料会員記事

堀川貴弘、山口裕起
[PR]

 東京五輪では、陸上男子100メートル、200メートルのダブル出場は原則ダメ――。日本陸連が打ち出した代表選考方針が議論を呼んでいる。男子400メートルリレーで金メダルを狙うため、どちらか1種目に制限して体力を温存させる戦略だが、両種目での出場をめざすサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)ら、選手からは反発の声があがる。

 個人とリレーの両立は、2016年リオデジャネイロ五輪までは特に議論にならなかった。08年北京五輪でリレー種目初のメダルに輝いた朝原宣治さんは「我々の頃も個人でしっかり戦った後のリレーという考えだった。でも私は100メートルしか出場しなかったし、決勝進出なんて想定していなかった」と話す。

 今回の異例の選考要項案は、日本短距離陣のレベルが上がったからこそ、と言える。

 サニブラウンらには100、200メートルの両種目で決勝に進める可能性がある。さらに、400メートルリレーは08年北京五輪で銀メダル(銅メダルから繰り上がり)を獲得して以降、16リオ五輪で銀、17年ロンドン世界選手権と今年のドーハ世界選手権で銅メダルと好成績が続く。東京での金メダルもまったくの夢物語ではない。

 実際に過去の世界大会では、100、200メートルに出場した選手がリレーまで余力が残らないケースがあった。15年の北京世界選手権では100、200メートルに出場した高瀬慧(富士通)がけがでリレーに出場できなかった。今年のドーハ世界選手権でサニブラウンは身体的負担を考え、200メートルの出場を回避した。

 東京五輪の陸上短距離日程は過密になっている。100、200メートルともに決勝まで残ると、400メートルリレー予選までに、5日間で6レースを走らなければならない。

■新しいトラックは負担?…

この記事は有料会員記事です。残り824文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら