逆風の「わがまちの憲法」 背景に自民冊子と日本会議

有料会員記事

伊藤和行、編集委員・藤生明
[PR]

 地方分権の夢とともに2000年代から全国約400の自治体でつくられた「自治基本条例」に逆風が吹いている。「わがまちの憲法」とも呼ばれるが、「国家の否定につながる」などと保守系が問題視。今月には沖縄県石垣市議会で条例の廃止が提案された。研究者らによると、全国で初めての動きとみられる。

 「不要なもの。ある特定の思想信条に染まった方が市政運営にアクセスする」。16日、石垣市議会に条例の廃止案を提出した自民所属の石垣亨市議は、こう言った。

 採決では、自民と中立会派1…

この記事は有料会員記事です。残り1480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。