松竹新喜劇の小島慶四郎さん死去 「鼻の六兵衛」殿様役

 松竹新喜劇のベテラン俳優で藤山寛美さんらと劇団の黄金時代を支えた小島慶四郎(こじま・けいしろう)さんが23日、老衰で死去した。88歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀は26日午後1時から、大阪市阿倍野区阿倍野筋4の19の115の市立葬祭場やすらぎ天空館で。喪主は長男慶一(けいいち)さん。

 テレビドラマに出演していたところを2代目渋谷天外さんに見いだされ、1960年に松竹新喜劇に入団。藤山さんの相手役を務め、軽妙な演技で活躍した。特に「鼻の六兵衛」の白塗りの殿様役が秀逸で、爆笑を呼んだ。90年に寛美さんが死去した後も、幹部として長く劇団を支えた。

 今年1月に京都・南座であった松竹新喜劇新春お年玉公演への出演が、最後の舞台となった。