[PR]

 日産自動車のナンバー3の副COO(最高執行責任者)に就いたばかりの関潤氏(58)が近く辞任し、来年2月にも日本電産に入社する意向を示していることが24日、わかった。西川(さいかわ)広人前社長が電撃的に辞任した後、今月1日に発足した新たな経営体制から、早くも首脳陣の一角が抜ける異例の事態だ。

 関係者によると、関氏は日産幹部に対して辞任する意向を示した。日産は「コメントはない」(広報)としている。後任の人選は未定という。関氏は次期社長含みで日本電産に移る。

 新体制では、社長兼CEO(最高経営責任者)に専務執行役員だった内田誠氏(53)が昇格。COOに三菱自動車COOだったアシュワニ・グプタ氏(49)を起用し、専務執行役員だった関氏が副COOに就いた。人選は、社外取締役らでつくる指名委員会が進めた。カルロス・ゴーン前会長への権限集中への反省も踏まえ、グプタ氏と関氏が内田氏を支える「3トップ」の集団指導体制で社内風土の改革や業績回復に取り組む方針だった。3氏は2月の臨時株主総会で取締役に就く見込みだった。

 関氏は防衛大を卒業後、198…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら