[PR]

 ――こんなことがあっていいのか。

 約50年間に少なくとも全国で1万6千人が不妊手術を強いられた根拠となった旧優生保護法(旧法)。宮城県内の60代と70代の女性が、国に損害賠償を求めた全国初の訴訟の判決が5月、仙台地裁で言い渡された。60代女性の義姉は法廷で、裁判長が「請求を棄却する」と読み上げた判決文を聞きながら、怒りがこみ上げた。

 60代女性は、幼い頃の治療の後遺症で、重い知的障害が残った。おなかに大きな手術痕があり、母親は生前、義姉に「不妊手術をした」と明かした。義姉が県へ情報公開請求し、女性が中学3年生のとき、旧法に基づく不妊手術を強いられていたことがわかった。

 昨年1月、国に損害賠償を求め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら