[PR]

 全日空は24日、60代の男性機長が乗務に必要なライセンス類を自宅に忘れたため、乗務予定だった1便が欠航し、1便が14分遅れたと発表した。機長は不携帯のまま1便に乗務していたという。

 全日空によると、機長は24日午後3時に羽田を出発した福岡行きの便に乗務中、ライセンスを携帯していないことに気づいた。このため、その後に乗る予定だった福岡―伊丹便は人繰りがつかずに欠航し、伊丹―仙台便は出発が遅れた。

 乗務前のパイロット同士でのライセンス確認では、機長が「持っている」と答えたため、不携帯に気づかなかった。機長は前日にライセンスが入ったバッグの入れ替え作業をしたといい、「持っていると思い込んでしまった」と話しているという。(贄川俊