【動画】東京五輪・パラリンピックの公式アートポスター制作者の一人に選ばれた新木友行さん=白井伸洋撮影
[PR]

 東京五輪・パラリンピックまで200日あまり。大会の公式アートポスターの展示が7日、東京都現代美術館で始まった。制作者には、写真家の蜷川実花さんや漫画家の荒木飛呂彦さんらが名を連ねる中、大阪市のアーティスト、新木友行さん(37)の名前もあった。一体どんなアーティストなのか。昨年11月から12月にかけ、記者が創作の現場にお邪魔した。

 畳1枚ほどの真っ白なキャンバスに、武骨な筋肉の黒い線が油性ペンで描かれていく。下書きはない。体に赤、腕にピンクと鮮やかな色が色鉛筆で塗り込まれた。10日間ほどで、プロレスラーが飛躍し、キックをする瞬間を描いた作品が仕上がった。

 この作品を描いたのが、新木さん。美術の専門的な教育を受けたことはなく、独特の配色は、電車内の広告や女性誌、プロレスラーの覆面や衣装などからヒントを得ているという。

 しかし、15年ほど前、絵を描…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら