【動画】24年前から日本酒輸出に取り組む山縣俊郎さん=伊藤宏樹撮影
[PR]

 蔵元「山縣(やまがた)本店」(山口県周南市)の社長、山縣俊郎さん(71)は山口県内で最初に日本酒の輸出を手がけたパイオニアだ。岩手から宮崎までの20の蔵元が出資する米国向けの日本酒輸出会社「JCTOジャパン」(東京)の社長、山口県酒造組合の会長という「三足のわらじ」をはく。

 昨年12月21日、山縣さんはJR徳山駅にいた。初めて山口を訪れる男性社長を出迎えるためだ。

 草川友輝さん(36)。米ニュ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら