[PR]

 明治~大正期に沖縄に赴任し発展に尽力した、佐賀市出身の第11代斎藤用之助(1859~1933)が所有していた琉球漆器など4点が、沖縄県立博物館・美術館(那覇市)に寄贈されることになった。首里城の火災という困難に、ひ孫にあたる第14代用之助さん(73)が「沖縄の支えになれば」と決めた。

 寄贈するのは、いずれも11代が沖縄から佐賀に戻る際に持ち帰った食器類。

 3組の盃(さかずき)は1883(明治16)年、琉球王家の別邸「識名園」で開かれた園遊会を記念した品とみられる。内側には五七桐(きり)紋と、琉球国王・尚家の家紋である左巴(ともえ)紋が入っている。

 11代が1915(大正4)年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く