[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、IR参入をめざしていた中国企業側から370万円相当の賄賂を受け取っていたとして、東京地検特捜部は25日、元内閣府副大臣でIR担当だった自民党の衆院議員、秋元司容疑者(48)=東京15区=を収賄容疑で逮捕した。特捜部は同日午前、秋元議員に出頭を要請し、同容疑で取り調べていた。特捜部は認否を明らかにしていない。

 中国企業が多額の現金を不正に日本に持ち込んだとされる外国為替及び外国貿易法違反事件は、現職国会議員の汚職事件に発展した。現職国会議員の逮捕は、2010年1月の小沢一郎氏の元秘書・石川知裕衆院議員(当時)以来、約10年ぶり。

 特捜部は、秋元議員に賄賂を渡していたとして、IR事業への参入をめざしていた中国企業「500ドットコム」副社長を名乗っていた鄭希(37)=東京都港区=、同社顧問の紺野昌彦(48)=那覇市=、同じく顧問で元沖縄県浦添市議の仲里勝憲(47)=浦添市=の3容疑者も贈賄容疑で逮捕した。

 秋元議員は17年8月から昨年10月まで内閣府副大臣のIR担当を務めていた。特捜部の発表によると、秋元議員は17年9月下旬、同社がIR事業を行うための便宜を図る見返りに、東京都内で同社側の3人から現金300万円を賄賂として収受。18年2月中旬にも、妻子とともに北海道への旅行の招待を受け、航空運賃や宿泊代など計約70万円相当の賄賂を受けていた疑いがある。

 秋元議員は25日午前10時す…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら