[PR]

立憲民主党・安住淳国会対策委員長(発言録)

 (秋元司衆院議員の逮捕を受けて)野党は、カジノはやるべきではないという立場でずっと訴えてきた。秋元議員は、カジノの関連法案の採決を強行した時の委員長で、所管の副大臣。その人が関連業者から賄賂をもらって逮捕というのは、まさに構造的な問題だ。

 安倍政権は「カジノで地域経済を活性化」「経済再生の目玉」と言ってきたが、カジノは不正や様々な社会的な問題を惹起(じゃっき)するので駄目だとずっと言ってきた。カジノで地域おこし・経済の活性化という安倍内閣の方向は大きく間違っている。

 特捜部は捜査(で事実関係を明らかにしていく)ということだが、国会も真相究明のために閉会中審査をしたい。(来年の通常)国会で徹底追及していきたい。次の国会では大きな争点になるので、カジノの禁止をする法案を野党間で取りまとめて出していく。日本にカジノはいらない。(25日、国会内で記者団に対して)