まもなく大学入試センター試験が行われ、大学受験のシーズンが本格化します。でも、日本の大学入試は大揺れ。来年度からセンター試験に代わって始まる「大学入学共通テスト」の看板だった、英語の民間試験と国語・数学の記述式問題の実施が相次いで見送られました。入試改革はそもそも、「グローバル化する世界」にも対応できる能力を測ることを目指していましたが、日本と海外の大学入試はどのように異なるのでしょうか。大学入試センターの荒井克弘名誉教授によると、日本の入試制度には大きな「欠陥」がありながら、広く認識されていないのが問題だと言います。

 ――入試改革では、日本中の受験生が振り回されています。海外の大学入試でも、記述式問題は使われているのですか?

 イギリスやドイツ、フランスといった欧州諸国で大学入試に相当する「中等教育修了資格試験」は基本的に記述式です。一方、米国には「SAT」や「ACT」と呼ばれる共通試験があり、日本の大学入試センター試験と同じ、マークシート方式が用いられています。

 ただ、大学入試に記述式問題が必要かどうかよりも、もっと大切な問題があるでしょう。

 ――どういうことでしょうか?

 高校と大学の教育は性格が異な…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら