[PR]

 「男はつらいよ」シリーズには、大ヒット歌集「サラダ記念日」にちなんだ作品があります。かつて寅さん映画を恋人とみたこともある歌人・俵万智さんは、寛容さや心のゆとりの大切さを教えてくれると言います。いまの世相と寅さんを重ねて、歌を詠んでくれました。

     ◇

 高校生のとき、ボーイフレンドが映画に誘ってくれました。「スター・ウォーズ」や「愛と喝采の日々」が当時話題を集めていたのですが、「寅次郎ハイビスカスの花」(1980年)でした。ちょっと意外でしたが、寅さんの言葉にスカッとしたり、自由な生き方に憧れたり。柔らかく心が揺れ動く感じがしてとても幸せな気分になりました。

 そのときのマドンナはリリー。はっきり自分の意見を言う自立した女性です。「寅次郎相合い傘」(75年)でしたか、「女が幸せになるには男の力を借りなきゃいけないとでも思ってんのかい。笑わせないでよ」と言っていました。あの啖呵(たんか)には本当に共感します。

 寅さん映画の面白さは、シリー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら