[PR]

 収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された衆院議員、秋元司議員(48)=25日に自民党を離党=は11月以降、朝日新聞の取材に複数回応じていた。IR事業をめぐって中国企業側に便宜を図ったことを繰り返し否定。利益供与を受けたことについても「100%ない」などと一貫して不正への関与を否定していた。主なやりとりは次の通り。

 ――中国企業側との関係は

 「(2017年8月の)沖縄のシンポジウムで初めて会った。シンポは秘書から頼まれて参加した」

 ――17年12月、深圳の本社に行った理由は

 「経済視察。IT業界で中国企業が世界を制覇していたので、どんなレベルか見たかった。(副大臣としての)公務ではなく(議員としての)政治活動。秘書が全部やっていて詳細は分からないが、旅費256万円も後援会の政治資金収支報告書に記載している」

 ――企業側は北海道留寿都(るすつ)村でIR事業への参画を目指していた。企業側へ何らかの便宜を図ったことは?

 「俺、権限も力もない。具体的…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら