宮内庁は25日、秋篠宮ご夫妻が来年1月17日に神戸市内で開かれる「1・17のつどい―阪神淡路大震災25年追悼式典」に出席する、と発表した。同月16日に空路で兵庫県入りし、三木市の防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを視察。翌17日に神戸市中央区の兵庫県公館で追悼式典に出席し、帰京する。

 阪神・淡路大震災の追悼式典には、10年ごとの節目に上皇ご夫妻(当時の天皇、皇后両陛下)が出席。発生から1年と、5年ごとの節目では天皇陛下(当時の皇太子さま)が単独や、皇后雅子さまと共に出席してきた。25年の節目となる今回は、春の代替わりで皇太子ご夫妻と同様の立場になった秋篠宮ご夫妻が出席することになった。秋篠宮ご夫妻も、発生から2~4年の式典に出席している。(中田絢子