[PR]

 IR汚職をめぐる秋元議員の逮捕は、安倍政権にも痛撃を与えそうだ。

 自民党中堅議員は「元々イメージが悪いIRがさらに悪くなった。IR推進への影響は避けられない」と語った。

 政権はIR整備を訪日外国人を増やす起爆剤としたい考えで、東京五輪後の成長戦略の柱に位置づけてきた。推進役は安倍晋三首相と菅義偉官房長官という政権の2トップだった。

 IR実現に向けた動きが本格化したのは、超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」が2010年に発足してからだ。同議連には秋元議員が所属し、首相も一時、最高顧問を務めていた。

 首相が政権に返り咲いた1年後の13年12月、IR整備を政府に促す議員立法「カジノ解禁法案」が国会に提出された。翌年5月に首相がシンガポールでIR施設を視察して「成長戦略の目玉になる」と語ると、与党は翌月に法案を国会の委員会で審議入りさせた。

 その後、衆院解散で廃案になったが、16年の臨時国会で再始動。菅氏は「観光振興の面で大きな期待が持たれている」と旗を振り、自民主導のスピード審議で解禁法は成立した。採決を強行した衆院内閣委の委員長は秋元議員。当時の様子を自民党関係者は「カジノ事業者らによる議連関係者へのロビー活動がすごかった」と振り返る。

 経済効果を重視する政府は、事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く