[PR]

 子どもが誤って薬をのんでしまう事故が後を絶たない。年末年始の帰省の時期。普段は子どものいない人も注意が必要だ。家ではどんなことに気をつければいいのか。

 「パソコンデスクの棚(高さ140センチ)の上の箱に入れていた父親の抗菌剤を取り出し、誤飲した。床にある箱を踏み台にしてパソコンデスク(高さ80センチ)によじ登り、棚に手が届いたようだ。医療機関で胃洗浄を実施した」(2歳児)

 「叔母の睡眠導入剤や精神安定剤が机に置いてあり、子どもが全て飲んでしまった。ふらふらしていたので病院を受診すると、急性薬物中毒で6日間の入院になった」(3歳児)

 医療機関から消費者庁に寄せられた事故情報だ。

 家庭ではどんなことに気をつければいいのか。子どもの成長に応じた事故の特徴や対策がある。

 【6カ月~1歳半】=身近にあるものを手に取り何でも口に運ぶ

・塗り薬(チューブや軟膏(なんこう)容器)の誤飲が多い

・包装ごと口に入れたり、かんで破いたりするなど通常の取り出し方でない方法で誤飲

・子どもの手の届く低い位置に置かれていた例が多い

→医薬品を床など低い位置に置いたままにしない

 【1歳半~2歳】=周囲への興…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら