【動画】札幌の五輪マラソンコースを記者が走ってみた
[PR]

 8月に札幌で開催される東京五輪のマラソンのコースを、市民ランナーの記者が実際に走ってみた。気温などの条件が良ければ、かなりの高速決着になりそうなコースだった。

 コースはまず約20キロを1周し、続いてそのコースの北半分ほどの約10キロを2周するという、非常に珍しい「変則3周コース」となった。

 試走は12月25日の日中に行った。スタート地点は大通公園西4丁目。札幌のシンボル「さっぽろテレビ塔」を仰ぎ見る場所だ。

 隣接するビルの温度計は零下3度。曇り空で、積雪は少ない。大会では車道を走るが、試走では歩道をできる限り実際のコースに沿って走ることにした。

まずは大通公園を周回

 大通公園に沿った北(きた)大通を西に向かってスタート。西10丁目の石山通まで行き、公園を取り囲むように反時計回りに南(みなみ)大通へ出て、東に向かい再びスタート地点へ。1周約2キロで、これを2周する。テレビ中継には公園の緑やテレビ塔など、札幌らしい風景が映り込むだろう。

 その後は駅前通を南へ。しばら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら