[PR]

 長崎労働局は、県内の民間企業で働く障害者は6月1日現在で3342・5人、雇用率は2・54%だったと25日、発表した。企業の6割が法定の2・2%を達成した一方、1人も雇っていない企業が250社あった。昨年全国で雇用数の水増しが発覚した公的機関では、佐世保市や県教育委員会などが依然として法定雇用率に届かなかった。

 雇用数は障害の重さや労働時間に応じて計算する。民間企業では昨年から137・5人増え、雇用率は0・17ポイント改善した。身体障害者が2049人(前年比3・0%増)、知的障害者が988・5人(同3・1%増)、精神障害者が305人(同19・1%増)だった。

 法定の2・2%を満たした企業は1012社中61・3%にあたる620社。未達成だった392社の6割強が、雇用ゼロだった。

 一方、障害者手帳を確認せずに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら