[PR]

 知的障害がある子の父親でつくる一般社団法人「福岡おやじたい」(吉田正弘理事長)が12日、啓発イベント「笑顔と絆のスクラム」を福岡市で開催する。6回目の今回は「個性を認め合う社会を目指して」をテーマに、講演や障害者によるパフォーマンスがある。

 発達障害がある宮崎県在住のピアニスト野田あすかさん(37)と父・福徳(よしのり)さんが登場。野田さんはメジャーデビューとなったCDアルバム「哀しみの向こう」の収録曲などを演奏する。福徳さんは「発達障がいの娘との30年」の題で、子育てでの失敗や後悔、あすかさんが得意なことと苦手なこと、あすかさんの生き方などについて話す。

 不登校経験者を受け入れている立花高校(福岡市東区)の斎藤真人校長は「寛容の精神が醸成される社会へ」というテーマで講演する。知的障害や発達障害の子どもたちによるダンスパフォーマンスやファッションショーもある。

 理事長の吉田さんは、元農林水…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら