[PR]

 電力小売り自由化に続き、送配電部門を発電から切り離す法的分離と経営環境が激変する大手電力。中部電力はオランダの大手電力会社の買収や、「エネルギーの枠を超えたサービス」など矢継ぎ早の対策を打ち出している。今後どうかじ取りをしていくか。勝野哲社長に聞いた。

4月に分社化

 ――電力の小売り全面自由化に続き、送配電部門が法的に分離されます。大手電力にとって転換点です。

 「中部電力では2016年に発電、送配電、販売の3部門ごとにわけるカンパニー制を敷きました。火力発電事業は(東京電力フュエル&パワーと折半出資してつくった)JERA(ジェラ)に移し、まずは発電事業を分社化しました。今年4月に送配電事業は『中部電力パワーグリッド』、販売事業は『中部電力ミライズ』として分社化します。中部電は事業持ち株会社になります。事業領域ごとに最大限の利益をあげられる体制をつくります」

清水の舞台から飛び降りるほどの投資

 ――1千億円かけてオランダの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら