[PR]

 東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれている第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ、朝日新聞社など主催)は26日、女子の準々決勝などがあった。県勢で唯一勝ち進んだ聖カタリナは、大阪薫英女学院(大阪)に62―66で惜敗。目標にしていた4強入りはならなかった。

 序盤から両チームが激しく競り合った。第1クオーター中盤、聖カタリナは相手に連続得点を許しリードされたが、何度も追い上げ、前半を4点差で折り返した。第3クオーターに入って2点差に迫り、池松美波主将の3点シュートで一度は逆転。その後もリードされるたびに何度も追いつく粘りを見せたが、あと一歩届かなかった。(足立菜摘)