[PR]

 群馬は全国有数の畜産県。豚の飼養頭数は都道府県別で4位、肉用牛も10位だ。豚の飼養頭数の県内1位は前橋市で、全国の市町村別でもトップレベル。なのにその県都の生鮮肉の消費量は、全国の県庁所在地や政令指定都市の中で最低の52位。なぜ?

 総務省家計調査によると、2016~18年の平均では前橋市は2人以上の世帯あたり3万5196グラム。1位の広島市は5万5727グラムと、その差は歴然だ。種別でも牛肉52位、鶏肉51位、豚肉45位。ホルモンを含む「他の生鮮肉」でも41位にとどまっている。少なくとも統計が残る07年から同じ傾向だ。

 肉の消費量が少ない背景につい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら