[PR]

 焼きうどんが生まれたとされる北九州市・小倉。その発祥の店という食堂の店主が昨年12月、亡くなった。店主が体調を崩した昨秋以来、小さな店は閉じられたままだったが、今年以降も引き継がれることになった。

 北九州市小倉北区魚町の食堂「だるま堂」店主、坂田チヨノさんが自宅で亡くなったのは昨年12月6日。82歳だったという。9月16日に体調を崩してからは店に出られなくなっていた。

 だるま堂の創業者、弁野勇二郎さん(故人)の妻、文子さんによると、1945(昭和20)年に開店。焼きそばを出そうとしたが、戦後の物資不足で麺が手に入らず、代わりにうどんの乾麺をゆでて炒めたのが始まりだという。

 小倉駅からほど近い、飲食店が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。