[PR]

 徳島県動物愛護管理センター(神山町)に保護された後、阿波市の近藤三菜子さんに引き取られた雑種犬「風雅」(オス、推定3歳)が一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の災害救助犬認定試験を受け、初挑戦で合格した。保護犬の合格は珍しいという。

 昨年12月26日、同センターであった訓練のデモンストレーション。風雅はドッグランに置かれた四つの箱の一つに近づいた。クンクンとにおいを嗅いで、激しくほえる。箱の中には職員が隠れていた。その後、別の箱にいた職員の居場所も突き止めた。

 2017年3月、美馬市美馬町で美馬保健所が設置したオリで捕獲され、センターに収容された。首輪はなく、飼い主も現れず。殺処分の危機にひんしていたところ、同10月に近藤さんに引き取られた。

 「一目ぼれ」だったという近藤さん。知人の飼い犬と同じ「風雅」と名付けた。俊敏性に優れる一方、人に慣れて、素直でおおらかな性格。災害救助犬としての適性を見いだされ、1年後、ノイマンドッグスクール(板野町)で訓練を始めた。近藤さんのそばを歩いたり、その場で待ったりと指示通りに動く訓練などを重ねた。昨年3月、センターに収容された犬を対象にした県の災害救助犬の審査に合格。同12月にさらに難しいJKCの試験を受けた。

 県認定の災害救助犬の活動は県内を想定しているが、JKCは要請があれば、県外の現場にも向かう。被災地で、がれきに埋もれたり、家屋の下敷きになったりした人を探す役割を担う。

 近藤さんは「下の方からのにお…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら