写真・図版

[PR]

ののちゃんのDO科学

「お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるの?」

新潟県・田巻美樹さん(41)らからの質問

ののちゃんのDO科学
ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。
science@asahi.com

 ののちゃん 明けましておめでとうございます。あれ? 先生、少し顔が赤いよ。

 藤原先生 ふふふ。お正月だからちょっとお酒をいただいたのよ。そんなに赤い?

 のの すぐに分かったよ。ちょっとどころじゃないんじゃないの、先生。でも、どうしてお酒を飲むと顔が赤くなるんだろう。

 先生 お酒で顔が赤くなるのは「フラッシング反応」と呼ばれているの。皮膚の表面近くの血管が広がって赤く見えるのね。でも、誰でもお酒を飲むと顔が赤くなるわけじゃないのよ。

 のの どういうこと?

 先生 お酒を飲むと、その成分のアルコールが体内でアセトアルデヒドっていう物質に変わり、さらに酢酸になって、最後は二酸化炭素と水に分解されるの。ここで大事なのは、日本人にはアセトアルデヒドを酢酸にする処理能力を「普通に持っている人」、処理能力が「低い人」、それに「全く持っていない人」の3種類いるってことなのよ。それぞれの割合は、およそ55%、40%、5%だそうよ。

 のの へえ。でも、それがどう大事なの?

 先生 処理能力を「普通に持っ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら