[PR]

 香港で熊本県北部の特産食材を売り込み販路拡大につなげようと、玉名市などは今月、現地でPRフェアを催す。産地直送の食材をふんだんに使ったフルコース料理を味わってもらうほか、生産・加工業者が赴いて商談会も開く。

 市が昨年12月26日に発表した。香港でのイベントは昨年度に続き2回目。今回は市のほか、菊池市、山鹿市、和水町なども参加し1月10~31日にある。市によると、現地の抗議デモをめぐる情勢は落ち着いていると判断し、開催を決めた。

 2017年4月にオープンした、熊本県をPRする現地のアンテナショップ兼飲食店「割烹櫓杏(かっぽうろあん)」が会場。同店は県産食材を毎日調達して料理を出しており、富裕層を中心に月平均1400人程度の来客がある。フェアでは、玉名産のトマトやかんきつ類、県産の魚介類や鶏などを使った期間限定のコースメニュー(2万2千円相当)やランチメニュー(6千円相当)を用意。人気ブロガーやユーチューバーを招き、ネットを通じて魅力を発信してもらう。

 公募に応じた青果、水産物、精…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら