拡大する写真・図版台風19号で被災した五福谷地区を訪れた天皇、皇后両陛下=2019年12月26日午後1時27分、宮城県丸森町、迫和義撮影

 次々に差し出される手を、天皇、皇后両陛下はしっかりと握り返していた。12月26日、両陛下が台風19号などで大きな被害を受けた宮城県丸森町を訪れた際の出来事だ。両陛下はこの日、民間機と自衛隊ヘリ、自動車を乗り継いで、丸森町と、福島県本宮市を訪れた。

 最初に訪れた丸森町では、阿武隈川や支流が氾濫(はんらん)し、10人が死亡、1人が行方不明となった。両陛下は仙台空港で自衛隊ヘリに乗り換え、丸森町立丸森中学校へ。校庭に降り立つと、まず住宅などが押し流された町内の五福谷地区を視察した。保科郷雄町長の説明を受けながら、住宅が土砂に埋まり、木が根っこからなぎたおされている様子などを目の当たりにした。

 12月21日から入居が始まったばかりの花田応急仮設住宅の集会所では、被災者ら約50人が両陛下と対面。自宅を追われてしまった5人の被災者と、災害対応に尽力した警察や消防、自衛隊の代表者ら4人と懇談した。自宅が全壊した高野正雄さん(86)に天皇陛下は「大変でございましたね。ご自宅は?」と声をかけ、うなずきながら話に聴き入った。最後に「寒くなりますからどうぞお体にお気を付けて」と気遣った。

 両陛下を前に一瞬言葉につまった曽我國子さん(76)が「緊張して……」と打ち明けると、皇后雅子さまは緊張をほぐすように笑顔で「ずいぶん大変な思いをなさって」と声をかけた。避難生活の長期化を踏まえ、「お疲れになりますか」と気遣うと、曽我さんも「やっぱり疲れます」と打ち明けた。

 皇后さまが思わず目を潤ませた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら