[PR]

 日本郵政グループは27日、日本郵政の長門正貢社長(71)が辞任し、後任に元総務相の増田寛也氏(68)が就く人事を発表した。1月6日付。かんぽ生命の保険の不正販売で同日、金融庁と総務省が郵政グループに行政処分を出したことを踏まえ、辞任で経営責任を明確にする。同時に、かんぽ生命と日本郵便の社長交代も発表した。

 27日に東京都内で記者会見をした長門社長は「このような処分を受けましたことを深く反省しております。お客様をはじめ関係のみなさまに多大なご迷惑をおかけしますこと、深くおわび申し上げます」と陳謝した。

 かんぽ生命の植平光彦社長(63)の後任には同社の千田哲也副社長(59)が昇格する。日本郵便の横山邦男社長(63)の後任には、日本郵政の衣川和秀専務執行役(62)が就く。いずれも1月6日付。千田氏と衣川氏はともに旧郵政省出身で、2007年の郵政民営化した当初から郵政グループで勤めている。

 長門氏、植平氏、横山氏はいずれも大手銀行や損害保険会社といった民間金融機関出身者。一方、新しい3社のトップは増田氏も旧建設省出身で、ともに官僚出身者が就くことになる。

 不正販売をめぐっては、不利益を被った顧客への対応がまだ道半ばだ。不正販売の再発防止策を含む経営の立て直しなど3社には経営上の課題が山積しており、経営手腕が問われることになる。

 金融庁は27日、かんぽと日本郵便に対し、かんぽの新規営業などについて3カ月間の一部業務停止命令を出した。日本郵政に対してもグループ統治が不十分だったとして業務改善を命じた。そのうえで経営責任を明確にするように3社に求めた。(鈴木友里子