「土地汚れる」障害者グループホーム、理解なき反対運動

[PR]

連載「共生とは やまゆり園事件から」:3

 家の近所に障害者のグループホームができる――。それを知った住民らが反発し、建設をめぐって住民と事業者が対立する「施設コンフリクト」が各地で起きている。どうして住民は反対するのか。乗り越えられるのか。

 「なぜこんな住宅地の中心に建てるのか」

 東京都町田市で2019年2月、知的障害や精神障害のある人が暮らすグループホーム(GH)の建設が始まると、激しい反対運動が起きた。

 GHの建設を計画した運営会社「セレリアンス」(東京都新宿区)は、住民からの希望で説明会を何度も開いた。だが、村松良記・事業推進部長は「聞くに堪えない言葉ばかりで、理解を得るのは無理だと思った」と振り返る。粛々と建設を進める予定だという。「犯罪者を住ませるのか」。住民が説明会で放った一言が頭に残る。

 GHは家庭的な雰囲気のもと…

この記事は有料会員記事です。残り2143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
やまゆり園裁判の最新情報

やまゆり園裁判の最新情報

重い障害のある入所者19人の命が奪われたやまゆり園事件。元職員植松聖被告の裁判員裁判の様子などを詳報する。[記事一覧へ]