[PR]

 東海道、山陽、九州の各新幹線車内に大型荷物を持ち込む際のルールが来年5月中旬から変更されるのを前に、JR東海が周知のキャンペーンを始めた。27日には名古屋駅に計測台が設置され、帰省や旅行客らが実際にスーツケースを置いて確認する姿が見られた。

 新ルールでは、縦、横、幅の3辺の合計が160センチ超~250センチの荷物を車内に持ち込む際、「特大荷物」として荷物置き場のある座席の予約が原則必要となる。

 特大荷物置き場は一部の指定席車の最後部座席の背後で、最後部座席の1列は「特大荷物スペースつき座席」となる。「のぞみ」は42席分、「ひかり」は32席分、「こだま」は22席分ある(いずれもグリーン車含む)。160センチ以下の荷物やベビーカーは従来通り持ち込める。

 特大荷物座席の予約で追加料金…

この記事は有料会員記事です。残り165文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら