拡大する写真・図版 一足早く正月飾りに彩られた浅草の仲見世通り=2019年12月27日午後、東京都台東区、西畑志朗撮影

[PR]

 東京・浅草の仲見世商店街では、来年の干支(えと)「子(ね)」の絵馬やコマ、羽子板など正月向けの縁起物の飾り付け15種類が掲げられている。約250メートルの通りは、観光客や浅草寺への参拝客で混雑し、一足早く迎春ムードを楽しむ姿が見られる。飾り付けは1月31日まで。(西畑志朗