[PR]

 海津市で飛驒牛を生産している安立ファームが、肉用牛として生産工程の管理規格である日本版の認証規格「JGAP」(家畜・畜産物)を取得した。

 同社は県内最大の飛驒牛の生産牧場で、約1千頭を飼育している。

 JGAPの取得に向けては、2018年11月ごろから本格的に取り組みを始めた。家畜衛生や食品安全、労働安全など113項目の厳しい基準のうち、一定以上を満たす必要があるため、車の消毒用ゲートの新設や入場者の記帳の義務づけなどの改善を実施。昨年11月に認証を得た。

 家畜・畜産物の分野での認証は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら