[PR]

 27日午後4時15分ごろ、愛知県尾張旭市新居の県森林公園内を抜ける市道で、歩道を歩いていた小学生らの列に乗用車が突っ込んだ。守山署によると、尾張旭市内のいずれも9歳の小学3年の男児2人と、車を運転していた同県瀬戸市の無職女性(78)が搬送された。少なくとも男児1人が左足を骨折。もう一人の男児も頭を打ち重傷の模様。女性は軽傷とみられる。

 現場は片側1車線で、森林公園内を東西に走るほぼ直線の道路。歩いていたのは、サッカーの練習帰りの小学生と保護者。5人ほどの集団に背後から車が突っ込んできたという。