拡大する写真・図版 海外へ向かう人たちで混雑する成田空港の出発ロビー=2019年12月28日午前7時14分、千葉県成田市、高橋雄大撮影

[PR]

 年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが28日、成田空港でピークを迎えた。鉄道も、正月をふるさとなどで過ごす人たちの帰省ラッシュで混雑した。

 ハワイやグアムなどのリゾートに加え、日並びで長い休みがとりやすいことなどから、北米や欧州などの長距離路線が人気という。成田から米ニューヨークに友人と向かう東京都世田谷区の会社員岡元桃子さん(23)は「9連休は絶好のチャンスだと思い、ずっと憧れだったタイムズスクエアのカウントダウンに行きます。今からわくわくです」。マレーシアやタイを両親と旅行する東京都江東区の幼稚園児、風間心結(みゆう)さん(5)は「大きいプールで遊びたい」と笑顔だった。

 成田国際空港会社(NAA)の推計ではこの日、6万2100人が出国。27日~来年1月5日の10日間の出入国者数は102万2300人で、前年同期に比べ7・1%増える見込みだ。入国のピークは1月4日。

 鉄道は帰省ラッシュが本格化した。JR東京駅の東北新幹線ホームでは、仙台市の実家に帰る東京都世田谷区の会社員横山由季さん(38)が「1年ぶり。娘の成長を両親に喜んでもらいたい」。娘の芽生(めい)さん(6)は「雪合戦をするのが楽しみ」とほほえんだ。

 下りのピークはJR東海が28…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら