[PR]

それぞれの最終楽章・離島に学ぶ(5)

「きゅ~ぬふから舎」管理者 坂東瑠美さん

 今回は、島の人たちから「ホー(大きな)母さん」と親しまれた上原千代さん(享年86)を紹介します。常に笑顔で責任感が強く、周りの人のことを思いやる人でした。

 21歳のとき、漁師の夫と結婚、3男3女をもうけます。かつおぶし工場や製糖工場で働きながら畑仕事をし、自分の子だけでなく親戚の子どもも引き取り育てました。さらに義父、義母、夫だけでなく、義兄、姉、弟、約30年間で計6人を介護し、在宅で看取(みと)ってきました。

 十数年前、働き盛りの息子を47歳で亡くすという、体験もされました。そのつらい経験も、笑顔を交えながら教えてくれ、島の方言で「ヒトゥダミャー、ドゥーダミ」(他人のために尽くすことが、自分の徳を積むことになる)が口癖でした。2010年から利用を開始した「きゅ~ぬふから舎」で、スタッフらにたびたびそう言っていたのを思い出します。

 千代さんの長女は、「きゅ~ぬ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら