高校バスケ、福岡勢同士の決勝 勝敗分けた2年前の屈辱

有料会員記事

松本麻美
[PR]

 バスケットボールの第72回全国高校選手権(ソフトバンクウインターカップ)は29日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで男子決勝が行われ、昨季覇者の福岡第一が、福岡大大濠を75―68で破り、2連覇を果たした。今夏の高校総体と合わせて2冠を達成した。

 男子決勝が同じ都道府県勢の対戦になったのは、1971年の第1回大会以来2度目。福岡第一は、余裕を持たせない守備で福岡大大濠のリズムを崩し、攻撃面では留学生クベマが31得点と活躍した。一度もリードを許すことなく、快勝した。

「これからも高め合いたい」

 福岡県勢同士、互いに手の内を知り尽くした戦い。勝敗を分けたのは、相手の良さを徹底的に消す福岡第一の守備力だった。

 「大濠は3点シュートでリズ…

この記事は有料会員記事です。残り874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら