[PR]

 頂点をかけた29日の第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ソフトバンクウインターカップ、朝日新聞社など主催)男子決勝。夏の高校総体も制した福岡第一が「最強のライバル」とみなす福岡大大濠との大会初の「福岡頂上決戦」に臨んだ。主導権を握った第一が、大濠の終盤の激しい追い上げをかわして75―68で制し、大会連覇と夏冬2冠を達成した。第一の冬の制覇は4回目。(宮坂知樹、安田桂子)

 福岡第一が終始、優位に試合を運んだが、福岡大大濠は後半、攻守ともにアグレッシブに動き、王者を徐々に追い詰め、最後まで目が離せない展開となった。

 第一は第1クオーター(Q)から激しいディフェンスを徹底。リバウンドからの速攻でゴール下の身長203センチ、クベマ・ジョセフ・スティーブ選手(3年)に素早くパスをつなげ、リズムよく得点を重ねた。河村勇輝主将(3年)もドリブルで切り込み大濠ディフェンスを引き付けると、外にパスを出して味方にシュートを放たせた。

 大濠は、田辺太一選手(3年)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら