[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり、衆院議員の秋元司容疑者(48)=25日に自民を離党=が収賄容疑で逮捕された汚職事件で、容疑の詳細が明らかになってきた。中国企業が秋元議員への講演料を当初の4倍に増額して支払ったなどの新たな疑惑も判明。東京地検特捜部は他の国会議員の事務所を捜索するなど捜査を拡大しており、越年で疑惑を解明する構えだ。

 「金銭は受け取っていない」。25日の逮捕以来、東京拘置所で勾留が続く秋元議員は取り調べに対して全面的に容疑を否認している。

 逮捕容疑は2017年9月28日、中国企業「500ドットコム」顧問の紺野昌彦容疑者(48)ら3人から現金300万円を受け取り、昨年2月の北海道留寿都(るすつ)村への家族旅行の費用計約70万円も負担してもらったというもの。秋元議員は17年8月~昨年10月、IR担当の内閣府副大臣で、いずれもこの期間中だった。

 関係者によると、紺野容疑者らは秋元議員と面会を重ね、「IR事業をやらせてほしい」との要望を繰り返していた。秋元議員は「大手と組めばやれる」などと助言していたという。

 また、現金300万円は衆院議…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら