埼玉のスイミングスクールで誕生 瀬戸大也の原点たどる

有料会員記事

釆沢嘉高
[PR]

 「積極的にいく姿勢を貫いた。頑張ったご褒美だと思います」

 昨年7月に韓国・光州であった世界選手権。個人メドレーで200メートルに続いて400メートルも制し、東京五輪への切符を手にした瀬戸大也(25)の表情は晴れやかだった。

 だが、目線はもうその先にあった。「オリンピックで金メダルを取る」という幼いころからの夢だ。

 「さらにきつい、水泳をやめたくなるくらいのトレーニングを積めたら、またきっといい結果が待っている」

 埼玉県毛呂山町のスイミングスクール「JSS毛呂山」で5歳から水泳を始めた瀬戸。小学校低学年のころにはすでにこの夢を公言し、大人が驚くほど速いタイムを目標に立てた。

 きつい練習も「これをやった…

この記事は有料会員記事です。残り1322文字有料会員になると続きをお読みいただけます。