正恩氏「安全保障に積極的措置」 北朝鮮党総会2日目

有料会員記事

ソウル=神谷毅、ワシントン=園田耕司
[PR]

 北朝鮮の平壌で29日、朝鮮労働党の2日目の中央委員会総会が開かれ、28日に続いて金正恩(キムジョンウン)党委員長が国の事業全般について報告した。朝鮮中央通信が30日、伝えた。

 同通信によると、正恩氏は「情勢の要求に即し、国の自主権と安全を徹底的に保障するための積極的な措置」に触れ、対外活動、軍需工業、国の武力について言及。経済、農業、科学研究、教育、保健医療など、さまざまな分野の問題点や課題も指摘した。対米方針などの具体的な内容については報じられていない。

 同通信は「2日目で締めくくられた報告は、内外の状況が分析され、社会主義建設を全面的に進めるための明白な方途が反映されたことで、全参加者の支持、賛同を得た」と伝え、「総会は続く」とした。3日目が行われれば異例となる。

 北朝鮮の非核化をめぐる米朝…

この記事は有料会員記事です。残り342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。