米軍、親イラン武装組織拠点を空爆 米国人攻撃の報復

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米国防総省は29日、イランの革命防衛隊から支援を受けているとされるイスラム教シーア派武装組織「カタイブ・ヒズボラ(KH)」のイラクシリア国内の拠点5カ所を空爆したと明らかにした。27日にイラク北部キルクーク付近のイラク軍基地がロケット砲で攻撃され、米国市民や米軍兵士が死傷したことへの報復だという。

 29日発表の同省のホフマン報道官の声明によれば、米軍はイラク国内で3カ所、シリア国内で2カ所を空爆した。これらの標的には、武器庫や司令部が含まれている。同報道官は「米軍による精密攻撃でKHの攻撃能力は低下する」と強調した。

 ロイター通信は、イラクの軍…

この記事は有料会員記事です。残り335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。