フィジー出身の高校ラグビー選手、亡き父との誓い新たに

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

第99回全国高校ラグビー大会(30日、2回戦) 大分東明5―83常翔学園(大阪第2)

 大分東明のCTBジョアペ・ナホ(2年)は、母国の父ジョアペ・ナホ・シニアさんと約束した。「将来、赤と白のジャージーを着る」。つまり、フィジー代表ではなく、日本代表を目指す、と。

 南太平洋の島国、フィジー南部のカンダブ島で5人きょうだいの4番目に生まれた。幼い頃、家には電気が通っておらず、友だちと森や海辺を駆け回って遊んだ。農家だった父からラグビーを教わり、6歳から楕円(だえん)球を追った。

 転機は、2017年7月。首…

この記事は有料会員記事です。残り521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。