[PR]

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は30日、2019年4~12月期決算で2074億円の特別損失を計上する見込みと発表した。出資先で4月に子会社化したインドネシアの大手銀行バンクダナモンの株価低迷の影響。純利益9千億円の通期見通しは変えない。

 傘下の三菱UFJ銀行が17年末から出資しており、4月末には約4200億円を追加で出し、出資総額が約6800億円になった。出資比率は94・1%に高まり、邦銀による海外銀行買収では最高額。しかし、4月30日時点で8850ルピア(約70円)だった株価がその後、4千ルピア台で低迷。12月30日時点では3950ルピア(約31円)だった。

 三菱UFJFGは海外事業を強化してきた。アジア市場を「第2のマザーマーケット」と位置づけ、13年にはタイの大手アユタヤ銀行を子会社にした。FGの海外収益比率は約4割を占める。(笠井哲也)