大阪・岡山・鳥取で住宅火災が相次ぐ 4人死亡

[PR]

 大阪、岡山、鳥取の3府県で29日夜から30日未明にかけ、計4件の住宅火災が相次ぎ、4人が死亡した。

 大阪府では29日午後8時ごろ、泉大津市曽根町2丁目の木造2階建て住宅から出火。台所の一部が焼け、住人の井阪幸子さん(82)が遺体で見つかった。30日午前5時ごろには、大阪市旭区赤川2丁目の木造2階建て住宅付近から出火。延べ約75平方メートルが焼け、1人が遺体で見つかった。この家には高齢男性が独居しているとみられ、府警が身元を調べている。

 岡山県では30日午前1時ごろ、岡山市北区玉柏の美仙(みせん)幸男さん(57)方から出火。軽量鉄骨2階建て住宅約80平方メートルが全焼し、1人の遺体が見つかった。県警によると、美仙さんの父暁佑(きょうすけ)さん(87)の行方が分かっていない。

 鳥取県では同日午前4時15分ごろ、境港市渡町の松本賢治さん(60)方付近から出火し、木造平屋建て住宅約200平方メートルが全焼。男性1人の遺体が見つかった。松本さんの母親(87)は避難して無事だったが、松本さんと連絡が取れておらず、県警が身元を調べている。