年越し、日本海側で大荒れの見込み 暴風や雪に警戒を

[PR]

 発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、31日から1日にかけては、北日本の日本海側を中心に天気が大荒れになる予報だ。気象庁は暴風や雪、高波への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、北日本では31日から風が強まり、日本海側では雪を伴うところもある。31日に予想される最大瞬間風速は北海道で35メートル、東北で30メートル。1日にも北海道で30~40メートルとされ、交通機関へ影響が出るおそれがある。大気の状態が不安定になるため、落雷や竜巻、ひょうなどにも注意が必要という。

 東京では31日の日中の予想最高気温が17度と例年に比べて高いが、午後からは寒気の影響で急激に冷え込む見込みだ。

 気象情報会社ウェザーニューズによると、初日の出は、太平洋側は見えるところが多いが、関東南部などでは雲が広がる心配がある。日本海側では難しい見込みという。